2010年04月03日

愛知県警、高齢者の事故防止のため「脳トレ」出張講座を実施

高齢ドライバーによる交通死亡事故を防ぐため、
愛知県警が2月から実施している

「脳トレ講座」

が評判だなんだって。

危険予測能力を高め、
事故抑止につなげるのが狙いだそうですが、
難しい者ではなく

「ゲーム感覚」

でできる脳トレらしく、
かなりの好評で、

他県警からも問い合わせが相次いでいるそうです。


脳トレ講座は、
運転に関するクイズなどで
脳を活性化する

「事前トレーニング」

と、運転時の注意点などを討論する

「危険予測脳トレーニング」

で構成されているそうです。


事前トレーニングでは、
受講者がスクリーンに映し出された複数の道路標識の中から、
指定された標識を見つけ出すゲームをしたり、

車の前に歩行者や動物が飛び出してくるアニメーションを見た後、

「最初に飛び出したのは誰か」

を当てるクイズに答えたりするんだって。

もちろんこれは、
免許を持っている高齢者に実施されていることなんでしょう。

もし、この脳トレで
まるっりできなかった場合は、
免許の更新や車の運転などに注意を払ってもらうか、
やめてもらう必要があるのではないでしょうか?

ゲームやクイズで頭の体操を終えたら
危険予測脳トレーニングに進むそうです。


実際の交通死亡事故の写真を見ながら、
その現場で運転する際、

どこが危険な場所か、
何を注意すべきかなどを討論。

関心を持ってもらうため、

受講者が住む地域で起きた高齢者の事故写真を使用しているということです。


各警察署員らが老人会などに出張して講座を開き、
年間1万2000人余の受講を目指しているそうです。

口コミなどで評判が広がり、
これまでに北海道警や警視庁、群馬、富山、滋賀、兵庫、長崎の

各県警などから問い合わせがあったということです。

だって、高齢者の事故って
全国的にとても増えてきているもんね。

とにかく、事故防止の為のトレーニングは
全国で必要だと思います。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000048-jij-soci



同じカテゴリー(こんな事始めたよ!)の記事
 名古屋の母なる川、堀川のヘドロ完全除去へ (2010-04-28 22:58)
 愛知、高校生考案のパン サークルkサンクスで商品化  (2010-02-11 17:29)
 豊橋市保健所、インプラント使い回し疑惑で、相談窓口を設置 (2010-01-25 21:24)
 消えた年金は「名古屋方式」で持ち主をさがせ!64%成果あり (2010-01-06 22:12)
 名古屋市、アルバイト先など経路自由に選べる学生定期券発売 (2009-12-29 21:28)
 愛知・西尾市、園児の保護者に送迎用に3人乗り自転車貸し出し (2009-12-25 21:26)