2009年08月20日

愛知県、ATMコーナーで携帯電話遮断、振り込め詐欺防止実験

愛知県警などは19日、

現金自動受払機(ATM)コーナーで

携帯電話を使えなくするため、

電波を遮る特殊フィルムをATMコーナーのガラスに張り付けて効果を確認する実証実験を始めたそうです。

「携帯電話で犯人の指示を受けながら現金を振り込む詐欺事件の被害防止が目的」

で全国初の試み何だけれど・・・。

県警は、効果が確認できれば各金融機関に導入を働きかけているんだって。

実験を行うのは名古屋市南区の名古屋銀行野並支店鶴里出張所。
事業費約40万円は愛知県内の企業などで作る

「愛知県地域安全研究会」

が負担したとのことです。

なんだか、すごいですね。
愛知県。
いち早く実験を開始し、
しかも、地元企業などで事業費を創り出すなんて!

みんなで町を創っていこうという意志が伺えるなぁ~!


さてその方法なんですが、何にも難しいことはないそうで、
県警や施工業者によると、

金属膜などを重ねた無色透明のフィルムを張り付けるだけ。


すると、
コーナー内の電波はマイナス70デシベルからマイナス80~マイナス85デシベルに下がったそうです。

ただ圏外にするにはまだまだ、足りず、
マイナス100~マイナス110デシベルに下げる必要があるんだって。

今後1カ月間の実験期間中に業者が改良方法を検討するそうです。

また携帯電話の機種や天候など条件別の遮断効果も調べるとのことです。


携帯を使って指示をしてATM捜査をさせる事件でおおいのが、
医療費などの還付金が受け取れるという

「還付金詐欺」

なんだって。
今年1~7月の愛知県内の振り込め詐欺被害261件のうち
還付金詐欺は30件(約11.5%)を占めているそうです。

これは、県としてもなんとしても阻止しなくちゃいけませんね。
結局は、還付金なんだから、県や市を騙った人間が詐欺を画たらいていると言うことでしょう?
心苦しいですよね。
騙ったはいえ、それで騙された人がいるとなると!

もしこの実験がせいこうしたら、
とにかく、全国の銀行などで導入を検討して欲しいと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000003-maip-soci



同じカテゴリー(こんな事始めたよ!)の記事
 名古屋の母なる川、堀川のヘドロ完全除去へ (2010-04-28 22:58)
 愛知県警、高齢者の事故防止のため「脳トレ」出張講座を実施 (2010-04-03 21:34)
 愛知、高校生考案のパン サークルkサンクスで商品化  (2010-02-11 17:29)
 豊橋市保健所、インプラント使い回し疑惑で、相談窓口を設置 (2010-01-25 21:24)
 消えた年金は「名古屋方式」で持ち主をさがせ!64%成果あり (2010-01-06 22:12)
 名古屋市、アルバイト先など経路自由に選べる学生定期券発売 (2009-12-29 21:28)