2010年06月16日

琴光喜、口止め料として300万脅し取られていた!

野球賭博に関与した

佐渡ケ嶽
大相撲の大関・琴光喜(34)


が15日、
責任を取って名古屋場所(7月11日初日・愛知県体育館)への出場を辞退したそうです。
師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)

が両国国技館で行われた日本相撲協会の
緊急理事会で申し出て受理されたんだって。

また、警視庁の捜査関係者などによれば、
暴力団関係者とみられる男から


口止め料として現金約300万円


を脅し取られていた衝撃の事実が発覚したそうです。


琴光喜って初めは
野球賭博への関与を全面否定していたんだよね。
 

しかしその
琴光喜がウソの代償を払っていたそうです。


全面否定していた野球賭博への関与を一転認めたことで、
師匠の佐渡ケ嶽親方が名古屋場所の出場辞退と当面の謹慎を決断。

親方は
午後1時からの理事会に出席し

「世間を騒がせ協会に迷惑をおかけして申し訳ありません」

と申し出たんだって。

名古屋場所は
休場扱いとなり秋場所が3度目のカド番となる

琴光喜には、

再発防止を約束する誓約書も書かせたそうです。

こんど、再び場所にでたとき、
果たして、ファンの人たちが認めてくれるのだろうか?

未だすぐにこの事実を認めていたというのなら、
違っていたのかも知れないですよね。


理事会では処分も議題に挙がり、
自主的に引退を求める声も出たそうです。

しかし、武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は
違法な賭博の実態を調査して65人もの関与が判明した14日に

「警察の判断を受けてから協会で処分する」


と打ち出しており、この方針を貫いた。
処分は捜査の結果を待って行うことを確認したとのことです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000259-sph-spo  


2010年06月16日

愛知・豊川JAパートが590万着服し、懲戒解雇になりました!

愛知県豊川市の

農協JAひまわり(柴田勝組合長)で、

女性パート職員(48)

が売上金の一部計590万円を着服し、
懲戒解雇処分になっていたことが16日分かったんだって。

売り上げ?
何の売り上げなんだぁ?


同組合によると、
女性は農機施設課に勤めていた03年12月から今年1月までの6年以上にわたり、
トラクターなど農業機械の売上金を着服していたそうです。

あ、農業機械の売り上げかぁ~。
そうだよね。


農家ってほとんどの農業機械や農機具を農協で購入しているんだよね。


女性は同課で機械販売の窓口を担当していたんだって、
帳簿に記入する販売額を実際の金額より低く記入し、
差額を継続的に着服したと見られているようです。

でもそんなのすぐに分かるでしょう?

だって、販売額は決められているはずですから。
6年以上も気がつかなかったこと自体も
JAの杜撰なところが伺えるんじゃないですか?

毎年決算だってあるわけだし。


今年2月に上部団体である
JA愛知中央会の定期監査で伝票の改ざんが見つかり、

「生活費に使った」

と着服を認めたということです。


女性はすでに全額を弁済しているといい、
JAひまわりは刑事告訴などはしない方針ということなんだけど、

言われて全額を弁済できるのなら、
どうして着服する必要があるんだろうね?
だって、その分のお金があったということでしょう?

だから、着服しなくちゃ生活が出来なかったというわけではなかったのだと思う。
贅沢したかった?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000044-mai-spo  


Posted by toyotanomati at 17:10事件です