2009年10月16日

愛理県、新型インフルワクチン、医療従事者配分の約3倍の希望

19日から始まる新型インフルエンザワクチンの医療従事者への接種について、
医療機関から都道府県に対し、

「1人2回接種として、配分量の約3倍の希望が寄せられた」

と話すのは、愛知県の担当者。

これは、もちろん愛知県に限ったことで事ではなくて、
医療機関から都道府県に対し、
割り当てられた配分量(見込み)
を大幅に上回る接種希望が寄せられていることが16日、分かったそうです。

対象となる医療従事者の解釈を、
新型インフルエンザ患者を直接診療する医師や看護師だけでなく、

眼科やレントゲン技師、
窓口の事務職員

らにまで幅広くとらえたことなどが理由とみられてます。

どうして、はっきりと明確に通達しなかったんだろうか?
医療従事者という大きなくくりで、
発表してしまったことに問題がありますよね。

医療従事者というくくりではなく、
医療機関などを指定すべきだしたね。

医療従事者向けの配分量は、
国が各都道府県の医療従事者数などを勘案して決定。
これに対し、
各都道府県や医師会が医療機関に対し希望数量を調査したそうです。


希望が殺到した要因について、ある自治体の担当者は

「国が医療従事者の基準を明確にしていないのが大きく影響している」

と指摘する。

当然です。
全ての医療従事者にワクチン接種していたら、
それだけで、もうワクチンが足らなくなっているでしょうよ!

国は、新たに
医療従事者を

「インフルエンザ患者の診療に直接従事する」

と規定したようです。

診療科は

「内科、小児科、救急科などの新型インフルエンザ患者の診療を行う」

職種は

「医師、看護師、准看護師」

を基本としたそうです。

国自体が、パニ食っていたと言うこともあるでしょうが、
やっぱり、これからは、基準を明確にすべきですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000603-san-soci